積極的にホームページを活用したい方へ

ウェブサイトの目的やターゲットなどを明確にした上で、どのような表現(デザイン、コピーライティングなど)が効果的かを考えます。

ウェブサイトでは「どのように」表現して伝えていますか?

デザイン時に注意したい点は、見る人の好みで方向性がブレてしまいがちだということです。
そのため、まず先に、どのような印象を与えたいか伝えたいメッセージは何か、デザインコンセプトを決定し、それに基づいてデザインしていきます。

また、つぎの点も踏まえて基本方針を検討していきます。

  • 新規制作かリニューアルか
  • ユーザビリティ(使いやすさ)、ビジュアル性、SEOの優先度
  • 運用体制(更新担当者は誰なのか、担当者のWebの知識レベル)
  • 予算、公開時期

下表は、訪問してくれたユーザーの期待を裏切らないために、最低限意識したい項目です。
ご参考までにチェックしてみてください。

ユーザーの期待を裏切らないために意識したい、ウェブサイト制作の表現チェックリスト

全体
  • 統一感のあるデザイン、ページ設計、文章表現をしていますか?
  • ホームページから会社・店舗の魅力は伝わりますか?
情報
  • 情報が古いまま掲載されていませんか?
  • 情報量があまりにも少なくはありませんか?
  • ホームページの内容と実際の事業内容に、ズレは生じていませんか?
トップページ
  • どんなサイトなのか、直感的に伝わるように表現していますか?
  • 目的別などやターゲット別などに、情報を整理して配置していますか?
  • よく利用されるコンテンツへのリンクはわかりやすい場所に配置されていますか?
ナビゲーション
  • 迷うことなく目的の情報までたどり着くことができますか?
  • 現在地を確認することができますか?
  • 社内用語、認知度の低い製品名、内容がわかりにくいキャッチコピーなどを、リンク名として使用していませんか?
リンク
  • クリックできる箇所とできない箇所はわかりやすく区別していますか?
印象
  • 不安な印象は与えていませんか?
  • 単調なテキストの羅列で、先を読む気にさせなくなっていませんか?
  • ターゲット層に好まれる印象を与えていますか?
対応
  • 連絡先、連絡手段は明記していますか?

御社のウェブサイトを診断いたします(無料)

サイトリニューアルをご検討中で、次のような方、

  • 客観的な視点で見ることができない。
  • プロの意見をききたい。

上記チェックリストにそって、現在のウェブサイトを診断させていただきます(無料)。
15分程度拝見し、5項目まで問題点を洗い出し、メールでご返答させていただく簡易診断となります。
診断後にメール勧誘などは一切いたしませんので、お気軽にお試しください。

無料サイト診断は、問い合わせフォームからお申込みください。
ウェブサイトの目的やターゲットを入力いただければ、そちらをもとに診断いたします。